2013年4月アーカイブ

最低な買い物客

| トラックバック(0)
マジで最悪ですよね。
なんていうのでしょうか。
金をだせばなんとでもなる
自分は神だとでも思っているんでしょうか。
そういうのがいますよね。
本当に最悪です。

それが国民レベルでやっているのが
勘違いした国民がいます。

それが中国人。

CNNのニュースで、
迷惑な中国人の観光客が
外国でルール無用であばれまわり、
問題がおきたら、金で解決するというまさに
知性もなにもない、モラルもない
成金という所作をしているということが報道されていました。

成金だけに金は持っているんですね。
イタリアに来た中国人観光客。
禁煙となっているところでも平気でタバコを吸いまくりです。
とある高級品店にタバコをぷかぷかと吸いながら
はいってきた中国人女性。
店員にタバコをやめるようにお願いされると、

タバコをゆるせば、今すぐ財布を20個買うわ。

はい。
その後、タバコを吸いながら店内を歩き回り、
多数の品物を購入して帰ったそうです。

まぁこんなんだから、嫌われるんですよね。

娘をそろそろ美容院デビューさせたいな~と思っているのですが、その前に娘を母に預けて自分の髪を切りに行って来ました。
ちょっと長めのショートにしているのですが、首が短いので少し伸びると毛先がすぐに肩に付いて跳ねてしまうんですよね。
なので結構頻繁に髪を切りに行かねばならず、気に入っているヘアースタイルながら再び伸ばそうかな?とも思っています。
背が低いし首も短いので長い髪はイマイチあまり似合わないんですけれどね。

ちなみに美容院へ行くと髪のカットだけでなく、いつも眉カットもしてもらいます。
初めて眉カットをしてもらったのは20代前半だったと思いますが凄く感動した思い出があります。
田舎臭い顔がちょっと眉を整えただけで一気に変わるんですよね、ビックリしました。
それ以来眉の手入れは必ず行なうようになったのですが、何度かは自分でトライをするも不器用で上手に出来ず、美容院で整えてもらうのが恒例になっています。
お値段にして500円程度なので手軽にやって貰えますしね。

先日も髪を切ってもらった後に眉カットをしてもらったのですが・・・眉カットは店員さんを選ばないとダメだと言う事を学びました。
結論から言うと思いっきり失敗をしてしまったんです。

いつも私を担当してくれる美容師さんがその日は風邪で休みだったので、髪も眉カットも別な美容師さんになりました。
今まで眉カットの仕上がりで不満に思った事は特になかったので、全く心配をしていなかったんですよね。
「どんな眉毛にしますか?」と言う質問も一度もされた事がなかったので、眉カットは全て同じものとも思い込んでいたんです。
でも出来上がった眉毛は、まるでヤンキー(古いですね)のような細くて釣り上がった眉毛。
いつもの美人女優系(自分で言うのも恥ずかしいですけれど)の眉毛とは全く違う仕上がりになってしまいました。
よくよく見ると、その日に眉カットをしてくれた店員さんの眉毛もヤンキー眉毛。
そういえば今まで眉カットをしてもらった店員さんは全て美人女優系の眉毛でした。
多分眉カットは形が決まっているのではなく、その人の好みでやられてしまうのでしょうね。
しかしそれに気付いた時はもう後の祭りです。
全く想像もしませんでしたが、とにかく大失敗の眉毛になってしまいました。

眉毛が変わると人相が本当に変わるというか、とにかく母にはビックリされるし旦那さんには大爆笑されています。
娘は「うーん」と言って難しい顔をしたままコメント無し。
取り合えず眉毛が早く伸びてくれるように祈るのみですね。
これから眉カットをお願いする時は、店員さんの眉毛をしっかりチェックしなくては!ですね。

眉カットで思うのは脱毛ってそろそろ考えてもいいかなあということです。
http://xn--tckd1k4b4a2099bdc9apx9a.jp/
このサイトなんか見ると脱毛ってミュゼとか安いんですよねー
眉毛なんてパーツも少ないんで結構リーズナブルな感じしますよね。

このアーカイブについて

このページには、2013年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年3月です。

次のアーカイブは2013年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

<オススメサイト一覧>
グルコサミン コンドロイチン
企業に勤める医師求人
薬剤師